小ロット向けのオンデマンド印刷について

###Site Name###

印刷物を作る時に利用するソフトウェアの事をDTPソフトウェアと呼んだり、単にDTPと呼びますが、このDTPと言うのはデスクトップパブリッシングと言う言葉の略語であり、画面上でページレイアウトを行う事が出来る専用のソフトウェアです。

一般的に印刷物は、このDTPソフトウェアを使って面付けを行ってページレイアウトを作り出します。

冊子印刷の様々な相談を受けることができます。

従来の版下製作では、タイプライターを利用して文字組をしたり、写植を利用して文字組をし、文字組をしたものを版下の台紙に貼り付けてページを作り出していました。
現在ではDTPソフトウェアを利用する事でキーボードで文字を入力して、必要な場所に文字を挿入したり、写真やイラストを挿入してページを作り出せるようになっており、プリプレス工程に革命が起きたとも言われているのです。

同人誌の印刷全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

また、版下製作を行った後は、印刷用の刷版を製作する必要が在るのですが、刷版を不要にした印刷手法がオンデマンド印刷です。
更に、オンデマンド印刷はDTPソフトウェアを利用して作り出したページレイアウトを直接印刷機を利用して印刷が出来るため、短期間での印刷物の製作が出来るなどの理由からも、チラシ印刷やフライヤー印刷などでオンデマンド印刷が利用されているのです。

印刷のコストを下げられる効果や印刷にかかる時間を短縮できるなどのメリットが在るのです。



尚、オンデマンド印刷は大量部数の印刷物よりも、小ロットの印刷に適していると言わており、小ロット向けの印刷手法でもあるのです。